文字の大きさ

  • 標準
  • 大
  • 最大

ニュース&トピックス

2019.09.02

令和元年度 第2学期始業式

 9月2日(月)午前9時より本校体育館にて、令和元年度第2学期始業式を行いました。
 楠田 俊夫校長は、生徒との再会を喜び、式辞のなかで、インターハイ女子棒高跳で優勝した陸上競技部古林さん、夏の甲子園ベスト4の野球部、バレー部、卓球部、計算事務部等の活躍を讃えるとともに、プロゴルファーの渋野日向子さんの自分の気持ちをコントロールする術(すべ)を例に上げ、「皆さんも自分なりにコントロールする術を見つけてほしい」と要望されました。
 また、スーパーコンピュータ京の話では、(AIが仕事を奪うと言われているが、)「実際に社会を動かしているのは皆さんなので、これからの社会はどんな仕事が必要か、どんなことをすべきかを若い力と発想で考えていってほしい」とも要望されました。
 最後に、「妥協することなく自分の思ったところを頑張って進んでいってほしい。2学期の皆さんのいろんな目標に向かっての活躍を願います」と締めくくりました。



 始業式のあと、教頭先生から英語の西 真未先生の8月31日付退職と寺西勇司先生着任の話がありました。寺西先生からは「みなさんの英語の学力向上と進路の役にたてればと思っています。頑張っていきたいと思います。よろしくお願いします」と話されました。
 そのあと、生徒たちは各ホームルームに戻り、大掃除を行い、ホームルームで担任から2学期の指針となる激励の言葉をもらい、委員長などの各種役員を決めました。生徒たちは、校長先生と担任の先生の言葉を心に刻んで、検定取得、体育大会、新人戦、文化部発表会、球技大会などに向けて、盛りだくさんな2学期を有意義に過ごそうと決意したようです。

前のページへ戻る

ページの先頭へ