文字の大きさ

  • 標準
  • 大
  • 最大

地域の皆さまへ

2012.02.09

国際会計科生徒が“英語の授業”を担当

2月8日(水)、明商生が錦が丘小学校の6年生児童の“英語の授業”を担当しました。

国際会計科の英語学習の一環として、地域の小学生に英語をつかったコミュニケーション活動の楽しさを伝えることを目的として計画され、錦が丘小学校のご厚意で実現しました。

同小学校を訪れた、国際会計科2年1組の生徒9名とオーストラリアからの留学生Peri Kurtが、6年生の2クラスで英語の授業を担当。子どもたちが将来つきたい職業について、ゲームやジェスチャーなどを取り入れながら、楽しく授業を進めました。

前のページへ戻る

ページの先頭へ