文字の大きさ

  • 標準
  • 大
  • 最大

ニュース&トピックス

2017.11.29

流通科学大学よりネパール人留学生を招き交流授業

11月29日6時間目、国際会計科の2年生の生徒約40名が国際理解教育の一環として、流通科学大学よりネパール人留学生を招き、本校アクティブラーニング教室にて交流授業をおこないました。
 交流授業では、まずネパール人留学生の自己紹介に始まり、明商生が明石と明商について英語でプレゼンをしました。次にネパールについての紹介を留学生から日本語で受け、最後はグループに分かれて、個別にネパールについての質問を留学生に聞きネパールについて理解を深めました。
 本年度の学校設定科目「国際理解」では、1学期よりネパールに焦点を当てて「インフラ整備の現状」や「ネパールにおける防災教育」について探究してきました。そして、その取り組みの中で生まれた疑問を直接ネパールの人に聞きたいという生徒の要望が生まれ、2015年に「高大連携協定」を締結した流通科学大学に今回の交流授業をお願いしました。
 今回の経験が今後の国際理解の一助となることを願っています。




関連・参考LINK
 神戸新聞NEXT地域 



.

前のページへ戻る

ページの先頭へ