文字の大きさ

  • 標準
  • 大
  • 最大

国際会計科

2018.11.16

国際会計科修学旅行 2018 4日目

今日はいよいよグアム修学旅行の最終日、9:00にメイク・ア・ウィシュ財団の方にホテルまで来ていただき、一昨日の夜、チャモロ・ビレッジ・ナイト・マーケットでの売上金の内経費を差し引いた218ドルを寄付することができました。(左写真)同財団は、難病の子供たちの願いを叶える活動をされています。その後、荷物を持ってホテルをチェックアウトしました。一路アプガン砦へ、ここはスペイン統治時代、チャモロ族の反乱に備えて建てたスペイン軍の拠点跡です。現在設置されている3基の大砲はレプリカです。次に訪問したのはスペイン広場です。ここはグアム行政府や議事堂など数々の政府機関が集まるハガニア地区の中心にあり、スペイン統治時代の史跡が残る所です。そしてグアムの観光スポットの定番、恋人岬へ向かい美しい景色に感動すると同時に、岬にある「アマンテス像」の由来である、切ない恋の伝説も聞くことができました。そして、グアム最後の訪問地であるマイクロネシア・モールへ。ここはグアム最大級のショッピングモールです。モール内には遊園地や映画館、巨大なフードコートやスーパーマーケットなど沢山の商業施設があります。モール内のフードコートで各自の英語力を駆使しながら昼食を食べ、最後のショッピングもできました。14:00にはバスに乗りグアム国際空港へ、出国手続きには少し時間がかかりましが、いよいよグアムともお別れです。色々な経験や体験をして、高校生活最高の思い出となったことと思います。忘れ物は残さないように最高の思い出だけを残して、全員無事に帰国する事ができました。

前のページへ戻る

ページの先頭へ